夏だから、

約束の海 砂の女 とはしゃいでみるのはどうだろう。 神様のボート 夜のピクニック をしたり、 老人と海 をながめたり。 月の上の観覧車 「さよなら」が知ってるたくさんのこと をかみしめるのも。 遠くの声に耳を澄ませて 、あの懐かしい 夏の庭 へ出かけるのもいいかもしれない。あるいは、 金閣寺 から羅生門へ、 しゃぼん玉 を飛ばしてみる。 楽園のカンヴァス 「弱くても勝てます」 と 叫んでみる。 吾輩も猫である 、とくつろいでみる。 とにかくうちに帰ります 、と笑うのも、 ぼくは勉強ができない 、と告白するのも、 あのひとは蜘蛛を潰せない 、と打ち明けるのもドキドキする。 キッチン 残るは食欲 と腕をふるい、 あつあつを召し上がれ 、とほほえみあうのも夏っぽい。 人間失格 と熱くなる。 西の魔女が死んだ と涙する。 悟浄出立 と前を向く。 あと少し、もう少し と汗をかく。 黒い雨 にうたれ、 土の中の子供 野火 の前で立ち尽くす。 よるのふくらみ に抱かれながら、 豆の上で眠る 殺人犯はそこにいる 、とおののいたり、 残穢 に震えたり、 ミッキーマウスの憂鬱 に浸ったり、 いなくなれ、群青 、と胸を張ったり。もちろん、 月と六ペンス ひとり暮らし を始めることだって、 フォルトゥナの瞳 であたらしい世界を見ることだって、 1Q84 で時空をこえることだって、 4TEEN で永遠の14歳を味わうことだって、 できるんだ。 手のひらの音符 を握りしめ、 斜陽 をあびて、 海と毒薬 にゆられながら、きみはどこへでもゆける。 何者 にもなれる。 変身 だってできる。そうそう、 かもめのジョナサン が、きみに会いたがっていたよ。実は、 青い鳥 も、もうずいぶん前から、きみを探している。 無人島に生きる十六人 も、どうしたらきみと連絡がつくか知りたがっていた。 あしながおじさん は、何やらきみに手紙を渡したいらしい。 赤毛のアン 本屋さんのダイアナ も、きみと話すのを楽しみにしている。そうだ、 陽だまりの彼女 に、よろしく伝えてほしい、と言われていたんだ。 異邦人 村上海賊の娘 星の王子さま も、きみと友だちになりたいみたい。 くちぶえ番長 人斬り以蔵 は、どうやら、きみのライバルになろうとしている。 旅のラゴス 一日江戸人 精霊の守り人 も、きみと語りたいことがあるようだ。思い切って、彼らと一緒に トム・ソーヤーの冒険 シャーロック・ホームズの冒険 の冒険に繰り出してみるなんてどうかな。 あの 十五少年漂流記 ヨーロッパ退屈日記 に夢中になりながら、みんなで たんぽぽ団地のひみつ を見つけにいこう!とっておきの さがしもの をしにいこう! それマジ 満願 の日。 待ち合わせは、 塩狩峠 にしようか。 幻影の手術室 か。 太陽の塔 という手もあるよね。 銀河鉄道の夜 流れ星が消えないうちに 出発しよう。 旅をしていると、 博士の愛した数式 青の数学 でも解けない難題や、 ケーキ王子の名推理 ですらお手上げの奇問にぶつかる日もあろう。 ソロモンの偽証 級の嘘に傷つき、 暗幕のゲルニカ に覆われるように悩み、 盗賊会社 貘の檻 に閉じ込められたようにふさぎ込み、そのうえ、 車輪の下 にいるように苦しくて、 それでも、日本人は「戦争」を選んだ ようにやるせなくて。 オー!ファーザー 、と逃げだしたくなる朝も、 ある奴隷少女に起こった出来事 のように、胸が締めつけられる夜もあると思う。そんなときは、是非、 絶望名人カフカの人生論 をめくり、 うらおもて人生録 をひもといて、深呼吸をしてみてほしい。それから、 江戸川乱歩名作選 孤独のチカラ に頼ってみるのもきっといい。 女子中学生の小さな大発見 に刺激をもらおう。 心に太陽を持て 、と背中を押されよう。 受験脳の作り方 にハッとするのもありだ。 もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら 、と立ち止まるのもよし。そう、これから始まるきみの夏は、 雪国 のようにやさしく、 白いしるし のように瑞々しく、 しゃばけ のようにあたたかで、 さくらえび のように柔らかい。 檸檬 のように鮮烈で、 あこがれ のように純粋で、 錦繍 のようにまぶしいはずだ。 フェルマーの最終定理 のように情熱的で、罪と罰のように挑戦的なんだ。 きみはポラリス 日日是好日 イノセント・デイズ こころ を込めてこの思いを、きみの夏に ツナグ

きみのことを思ったら、この100冊になりました。

※今年の「新潮社文庫の100冊」は、思いがあふれて100冊以上になっております。